カートを見る

イベント情報

部会紹介ページできました。続々活動中です!

過去のイベントの様子はこちら



FOOD GROOVE JAPANとは


FOOD GROOVEを起こそう。

日本には、四季折々の自然や地域とともに育まれた食とその歴史があります。中でも変態的ともいえるこだわりを持つ生産者の食材(グルーヴフード)は美味しいだけでなく、圧倒的な感動さえあります。

食の感動を生産者や同じ志を持つ仲間と一緒に分かち合い、
それを守るために消費者自らが学び、考え、行動していく

FOOD GROOVE JAPANは、そんなカッコいい消費者をみんなで目指す団体です。そして、同じ思いをもつ仲間の輪を広げ、 日本の食の未来に大きなグルーヴを巻き起こしたいと企んでいます。

一緒に心ふるえる食体験をしましょう!

各地の生産者との取り組みを通して感じたこと

食の現場にある3つの大きな課題
代表の鈴木が地方(生産者や自治体や関係団体など)と4年間触れ感じた問題点

その一(食の埋蔵化)
歴史や文化に基づいた貴重な食材や素晴らしい食材が全国に埋もれている

その二(食の知識不足)
食全般について、知るという機会や学ぶ環境が少ない

その三(課題だらけの食文化)
食に関連する広範囲にわたる社会課題が多く、減らない
まだ知られていない食を発掘し、食を愛する仲間に届けたい

代表の鈴木が率いる、新橋を中心に飲食業を展開するプラチナフィッシュグループでは、シェフ自らが開拓した産地直送にこだわり、優れた食材を広めるために地方創生や食育事業を行ってきました。

そんな中で気づいたのは、生産者の方々は食材に並々ならぬ情熱やこだわりを持っている反面、その思いを伝えることが苦手だったり、伝える場がなかったり、どこでどう売り込めば良いのか分からない方が多いという現実でした。

そこで、そんな生産者が活躍できるお手伝いがしたいと思い、食材の良さを生かした独自のメニューを考案し、それを沢山の人に食べてもらう活動を地道に続けてきました。

そして、その活動をもっと広げたい。今までの料理人→お客さんという関係だけではなく、食を愛する仲間たちと共に学び、食の感動を共有することができたら、、
そんな思いで、心ふるえる食体験を共有する新しいコミュニティ、FOOD GROOVE JAPANを立ち上げることにしました。

FOOD GROOVE JAPANができること

食体験イベント
GROOVE FOODを楽しむイベントを定期的に都内で開催します。ただ味わうだけでなく、生産者の方とオンラインでつないだり、実際に来ていただきます。

✔️ 岩手直送のうにぶっかけ&豊洲の卸による即売会
✔️ 産地違いのマグロ10種食べ比べ
共同プロジェクト
生産者と消費者が一緒に新しい商品や サービスを開発

✔️ 備長マグロを使った究極のツナ缶をみんなで開発
✔️ 新規就農者をみんなで応援
✔️ FOOD GROOVEな食フェスづくり

CSA・共同購入
普段は業務用にしか卸していなかったり、ロットが大きすぎてなかなか頼めない究極食材を希望者で共同購入し、 頒布会を行います。

✔️ 牛を一頭分購入し、みんなで分け合う
✔️ マグロ一本買いたい(&解体)プロジェクト

農業体験、産地ツアー

✔️ 熟練農家さんから教わるゼロからの野菜づくり
✔️ 多品種飼育牧場で乳しぼりや餌やりなどの酪農体験
✔️ ケージ飼いと平飼いの違いを学ぶ養鶏場見学

食の学校
単なる料理教室ではない、食の教養を深めるための「大人の食育講座」

✔️ オーガニックって何?
✔️ おいしいお塩の選び方
✔️ 魚のさばき方、寿司の握り方などを職人から伝授
✔️ 地鶏と普通の鶏肉の違いを食べて学ぼう

CSA・共同購入
普段は業務用にしか卸していなかったり、ロットが大きすぎてなかなか頼めない究極食材を希望者で共同購入し、 頒布会を行います。

✔️ 牛を一頭分購入し、みんなで分け合う
✔️ マグロ一本買いたい(&解体)プロジェクト

会員制度

FGJの一員として、一緒に心ふるえる食体験をつくっていく仲間を募集します。
集めた会費はコミュニティ運営費のほか、生産者の方をゲストで呼ぶ際の交通費や謝礼などの形で皆様に還元いたします。


◆一般会員・・・・・・・・・・・月額1,000円


・各イベントの優先参加
・業務用でしか手に入らない感動食材のおすそわけ
・各部会コミュニティへの参加

◆プレミアム会員・・・・・・・・月額10,000円 ※人数限定


・各イベントの優先参加
・業務用でしか手に入らない感動食材のおすそわけ
・各部会コミュニティへの参加
・FGJセレクトの、超プレミアムなお歳暮、お中元(年2回)
・代表鈴木が力の限りおもてなしする秘密のレセプションパーティー
 (プレミアム会員限定、年1回、参加費無料)
・FGJを活用したイベント開催や商品PR(内容要相談)


プレミアム会員
  • 月額
  • 10,000円
プレミアム会員(年間一括購入)
  • 120,000円
一般会員
  • 月額
  • 1,000円
一般会員(年間一括購入)
  • 12,000円
プレミアム会員(年間一括購入)
  • 120,000円

運営メンバー

鈴木基次

FOOF GROOVE JAPAN代表
エコール・キュリネール辻日本料理専門カレッジ卒業後、ホテルオークラの山里にて修行

和食、洋食両方の調理法を学び、現在は新橋を中心に40店舗の飲食店を展開する「白金魚(プラチナフィッシュ)グループ」の 取締役社長兼総料理長を務める。全国200社以上の生産者との繋がりを活かし、生産者の想いと共に、 食育イベント、授業、料理教室を定期的に行う

産地直送の激選した食材を中心に、食べる幸せと笑顔を提供しながら、「地方創生」を目指している。

田中陽子
[ 生産者情報発信担当]
株式会社コープニュース代表取締役 編集者/食アクティビスト 農林水産省6次産業化プランナー 公益財団法人みやぎ産業振興機構登録専門家 食生活ジャーナリストの会正会員 協同組合学会常任理事 メイドイン・上越認定委員。

新潟県上越市出身。 編集プロダクション、生活文化出版設立を経て書籍編集に従事。 2008年10月より生活協同組合の情報紙「コープニュース」編集主幹。 2013年より6次産業化 プランナーとして商品開発・販路開拓を手がける。 「食の安全」「食の生産と消費」「食選力」をテーマに執筆や講演を行なっている。
濱口竜平

[企画・運営・情報発信担当]

国際プリン協会会長
プリンを作る、食べる、語る、伝える仕事

1972年仙台生まれほぼ仙台育ち今東京在住。ツアコンや保険マンを経て、30歳でプリン専門店開業、年間600個以上のプリンを食べて18年、試作種類3万種以上、数十件以上の産地見学。動物たちの目の輝きを見たり、自らエサを食べるなど五感で「いい食材かどうか」を判断。東日本大震災を機に店舗を閉め、プリン専門家として、20日以上保存可能な無添加プリンや茶碗蒸し(お出汁プリン) づくりの伝授、OEMやプリンイベント請負、ご当地プリン製造プロデュース、牧場養鶏場ツアー企画などを展開。プリンで世界中に笑顔を咲かせる。My life is purin.

菊池一弘

[組織化&コミュニティ運営及び企画担当]

株式会社場創総合研究所 代表取締役/  一般社団法人来来県代表理事/羊齧協会 主席/オージーラムPR大使(ラムバサダー)/麻辣連盟(四川料理の消費者団体)幹事長 
1978年生岩手県釜石市まれ。 北京外国語大学卒業。「とっかかりの場の提供」をコンセプト に交流会の開催、イベントの運営、場作りのプロとしてイベントや団体のアドバ イザー業務を行う。

「場創コミュニティ理論」「消費者主導 の業界盛り上げ理論」「コミュニティ編 集論」など、 独自の理論展開で、イベ ント、 コミュニティを利用したマーケ ティング、地方と首都圏の新しいつなが りの創生など、様々な形での「場」の設 計・運営や、それらに纏わるコンサル ティングサービスを提供。

山名由希

[組織化&コミュニティ運営及び広報担当]
東京都大田区出身。蒲田生まれ蒲田育ち。本業で食関連のPRに携わる傍ら、人の一生の中で欠かせない食を、もっと多くの人が考えるきっかけをつくりたい、という思いからFOOD GROOVE JAPANに参画。

現在はFOOD GROOVE見習いとして、コミュニティの運営サポートなどを担当。

昨年、茨城でmy鎌を手に入れ、稲刈りに行くのを楽しみにしている。

濱口竜平

[企画・運営・情報発信担当]

国際プリン協会会長
プリンを作る、食べる、語る、伝える仕事

1972年仙台生まれほぼ仙台育ち今東京在住。ツアコンや保険マンを経て、30歳でプリン専門店開業、年間600個以上のプリンを食べて18年、試作種類3万種以上、数十件以上の産地見学。動物たちの目の輝きを見たり、自らエサを食べるなど五感で「いい食材かどうか」を判断。東日本大震災を機に店舗を閉め、プリン専門家として、20日以上保存可能な無添加プリンや茶碗蒸し(お出汁プリン) づくりの伝授、OEMやプリンイベント請負、ご当地プリン製造プロデュース、牧場養鶏場ツアー企画などを展開。プリンで世界中に笑顔を咲かせる。My life is purin.

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信